beauty

2018.6.22

夏にもおススメ・オイル美容

夏至も過ぎて、いよいよ太陽がまぶしい季節がやってきます。
この時期皮脂量が増えて、べたつきを嫌って、ビューティーオイルを避ける人が多いのでは。
夏こそオイルを上手に選び、紫外線による肌のダメージ、エアコンによる隠れ乾燥と上手に付き合いましょう。
この時期選ぶべき、おススメオイルをご紹介します。

by 浜出 理加

夏にもおススメ・オイル美容

【夏の肌ダメージにオイルが必要?】

なぜ汗ばむ夏にオイルが必要なのか。
まず、何よりべたつくからといって、乳液やクリームなど油分を減らしてしまう事が多くなり、お肌の水分と油分のバランスが崩れてしまいます。
また、夏に好まれるスッキリタイプの化粧品には、アルコール成分が含まれていることが多く、実は乾燥を進めることも。
そのうえ、外では紫外線によるダメージ、室内ではエアコンフル稼働の環境がお肌の水分まで奪ってしまいます。
その結果バランスを崩した肌は、乾燥を補おうと、皮脂を過剰に分泌させるようになります。
皮脂が過剰に分泌し続けると、毛穴の開きが目立ったり、毛穴詰まりで黒ずみやニキビの原因にも繋がりますよね。
それを防いでくれるのが、やっぱりオイルなのです。

【夏のオイル選び、ポイントは】

皮脂の分泌量が増える夏は、冬とはオイルの選び方が異なります。
特にオイリー肌の人は、軽いテクスチャーのオイルにチェンジしてみてください。
オイリー肌の方はホホバオイルなどのサラッとした質感のものを、乾燥肌の人はアルガンオイルなど保湿はするけど、軽めのテクスチャーのものを選びましょう。
肌質に合わせて、ホホバオイルとブレンドしてオリジナルにするのもおススメです。
ただし、夏は特に日中に使用する日焼け止の影響で、肌がかなり乾燥しているため、夜のお手入れは、重めのテクスチャーのオイルのままでもOK。
夏にもオイルを使うことで、お肌の水分量を維持するためには不可欠な、肌の天然皮脂が強くなってくれます。

【夏でもホホバオイルがよい理由】

お肌のバリア機能として機能する皮脂膜の構成成分であるワックスエステル。
あらゆる植物オイルの中で、このワックスエステルが含まれているのは、なんとホホバオイルだけなのです。
経費吸収のスピードが速く、角質層にまで浸透するので、オイルでありながらべたつきがなく、さらっと軽いテクスチャーには驚く方も多いはず。
しかも370℃で96時間放置しても酸化しない驚異のオイルなのです。
また、その特性を生かして、乾燥・シワが気になる方はアルガンオイルやマカダミアナッツオイル、敏感肌の方は、セラミドを含む米ぬかオイルとブレンドして、マイビューティーオイルを取り入れてみてください!

夏の紫外線にも酸化しない…その理由がみえてきますね。
ぜひ夏にもホホバオイル、試してみてください!

関連記事

beauty

2017.11.7

美容オイルの王様★ホホバの魅力 vol,2

加齢とともに減少するワックスエステルを含む唯一のオイル、ホホバの魅力については、前回もご紹介しました。 それは、私たちの肌や髪、爪といった、体の表面を覆う部分に存在する油分のひとつ、ワックスエステルを主成分とした唯一の植物オイルだから。 今回はさらに深く、ワックスエステルについて探っていきましょう!

TOPへ