health

2016.9.30

秋疲れにご用心!停滞腸ケアにカメリナオイル

夏時季にはみなさん水分補給を欠かさずしていたかと思います。熱中症対策としても水分補給はとても大切ですが、冷たい飲み物が多く摂りすぎたお腹の中では、秋疲れ症状が出てきます。その1つが「停滞腸」です。

by 美容オイルコンシェルジュ YUKIE

秋疲れにご用心!停滞腸ケアにカメリナオイル

停滞腸とは、腸が消化・吸収・排泄という働きが停滞してしまう症状です。腸の動きが鈍ると、消化・吸収・排泄が上手に行われず、体内には本来排泄されていなければならない不要な老廃物や毒素が滞ることになります。このため、便秘や下腹部の張り、腹痛などの原因を引き起こします。さらに、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなります。

秋を迎えた頃の停滞腸の原因には、冷たい飲み物の過剰摂取がありますが、それ以外にもダイエットや食物繊維不足、ストレスも原因となります。特に、ダイエットで最も危険なのは「脂質バランスの乱れ」です。腸の活動を活発にする因子には、「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌叢があります。私たちの腸内には数100種類の多種多様な細菌が600兆個以上存在していて、小腸から大腸にかけて細菌たちが種類ごとに腸の壁面に住み着いています。この様子がまるでお花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラをつくる細菌の種類や数は、食習慣や生活習慣などによって異なりますが、良い腸内フローラ環境をつくるためには、日々の食事から発酵食品や乳酸菌とともに、「オメガ3系オイル」を摂取することが大切です。その理由は、腸内の善玉菌が好む栄養素の1つが、食事からでしか摂取できない必須脂肪酸のオメガ3系の脂肪酸だからです。

また、同時にオメガ9系のオレイン酸を摂取することで、腸の蠕動運動を促進させることができ、停滞していた腸の働きを活発にすることができます。このように、健康な腸内環境を整えるためにも日々の食事の中で良質なオイルを摂取するように心がけることが大切です。

そこで、私がお勧めしたいオイルが「カメリナオイル」です。カメリナオイルは、オメガ3とオメガ9をほぼ同等に含有している大変珍しい組成のオイルですので、腸内の善玉菌を増やすことをサポートしながら、腸の蠕動運動を促進させることができます。また、機能面だけでなく、使い勝手が良い点と和食との相性も抜群な点も日本人である私たちにお勧めしたいポイントです。

代表的なオメガ3系オイルには、亜麻仁オイルや荏胡麻オイル、チアシードオイルなどがありますが、これらのオイルは加熱することができず、冷蔵保管で1ヶ月以内に使い切らなければならないディメリットがありましたが、カメリナオイルであれば、短時間の低温加熱なら使えるため、食卓で活用できるシーンも広がりますね。

関連記事

TOPへ