health

2018.8.25

気になる油のゆくえ・カラダの中でどうなるの?

私達が健康的に生きていく上で必要な三大栄養素のひとつ脂質。
単純に太るといって避けていませんか。
実はカラダの中でとっても大事な役割をしてくれるんです。
これを知ったら、油にこだわらずにいられないかもしれません。

by 浜出 理加

気になる油のゆくえ・カラダの中でどうなるの?

①脳

脳は水分を除くと60%は脂質でできています。
オメガ3系オイルは体内でDHA、EPAに変換され、神経細胞をしなやかに保ち、脳の機能をサポートします。
脂質の摂取バランスが乱れたり、酸化した油の摂取などで、脳の神経伝達はうまくいかなかったり、身体機能の低下につながります。
アルツハイマー型の認知症や、幼児期の脂質不足なども脳に影響するといわれるので、よい油はとっても重要です。

②目

角膜の成分はワックスエステルというオイルです。
異物やばい菌から目を守り、角膜に酸素や栄養素を運ぶ涙の成分にも、油層が含まれているのです。

③心臓・血管

血液がスムーズに前進をめぐるのは、しなやかで弾力性に富んだ動脈のおかげで、オイルが深く影響しています。
また血管壁もオイルで構成されているため、オイル不足は動脈硬化につながることも。

④女性ホルモン

代謝をコントロールするホルモンの構成要素がなんとオイルです。
女性ホルモンのエストロゲンは25歳頃をピークに減少します。
更年期には積極的にオイルを摂取して、ホルモンバランスを調えることが必要なのです。

⑤細胞

私たちの身体のやう60兆もの細胞を覆う細胞膜は、リン脂質(オイル)でできていています。
そしてリン脂質の間を埋めているのがコレステロールです。
細胞膜のコレステロールが不足するとウイルスが侵入しやすくなり、血管の壁が薄くなり脳出血が起こりやすくなります。
健やかな身体には、新鮮で上質なオイルが必要なのです。

⑥肌や髪

頭からつま先まですべての皮膚を保護しているのは皮脂、つまりオイルです。
適度な皮脂と汗は、お肌や頭皮を保護する重要な役割があります。
水分と皮脂のバランスはとても重要で、これが崩れると肌や髪のトラブルの原因となるので、適度な油分の摂取はとても重要なことなのです。

私たちが、イキイキと健やかに生きていくためには、オイルは必要不可欠で、どのオイルをどんなバランスで摂るのかはとても重要なことなのです。
身体は食べたオイルでできているんですね。

関連記事

event・lesson

2018.6.16

今から間に合う!女性に嬉しい、無料オイルイベント!

日本全国梅雨入りとなり、気分もどんよりになりがち…。 そんな今だからこそ、体とお肌に関わるオイルについて学びませんか。 日本オイル美容協会が監修するO.I.L.FARMACY(オイルファーマシー)にて、なんと無料オイル講座が開催されます。 キーワードは、「女性ホルモン」「敏感肌」! 気になりますよね。

TOPへ