lifestyle

2018.2.21

一本ずつ違う香りと味わい、植物そのものの力を感じます。

元宝塚歌劇団星組トップ娘役、タレントの中山秀征さんの奥様、白城あやかさんはオイルソムリエという一面もお持ちです。
4人の息子の子育てに忙しいなか、ブログで週7日作るお弁当の発信は注目されていらっしゃいます。
そんな白城さんに、日常使いのオイルとその活用法を教えていただきました。

by 浜出 理加

一本ずつ違う香りと味わい、植物そのものの力を感じます。

【家族の健康のため、学べたことが幸せ】

20年前に宝塚歌劇団を退団して結婚。
大学1年生を筆頭に、4人の男の子を育てています。考えて
みれば、1日3回食事を作るときに、オイルを使わない日はありませんでした。
それなのに、自分がいかに無自覚だったか――オイルソムリエの資格をとって初めてわかりました。
細胞膜の材料にもなる、エネルギー源としても優秀、代謝にも欠かせない重要な栄養成分がオイル。
主人(タレントの中山秀征さん)はじめ、息子たち全員、野球を続けているので、健康管理ができて、かつ美味しく食べられるオイルを厳選しています。

【ヘビロテオイルの活用法】

ヘビーローテーションしている2本は、オメガ3系でありながら、加熱もできるカメリナオイル。
そして、血管へ働きかけてくれるパルミトレイン酸が含まれている、マカダミアナッツオイルですね。

野球の練習や試合には、中学生ともなると、必ず2リットル入り容器でお弁当を持たせるのですが、夏場は、暑さでさすがに食欲も落ちるんです。そこで、私は、麺類をよくもたせています。
たとえばうどんの上に、鶏肉のソテーやたっぷりの野菜をのせて、麺つゆをかけて食べる――。
つゆにはカメリナオイルを加えておくんです。
ほのかなネギの香りがして、食欲をそそりますし、酸化しにくくて、とても使い勝手がいい。

【常備薬のような存在のタマヌオイル】

家族が元気でいてくれることが、私にとっては何よりうれしいことなんです。
肌にも、オイルを使っています。
もともと肌が弱くて、目元や口元、ほほが真っ赤にかぶれることがあったのですが、ホホバオイルを使い始めて、赤みやかゆみはなくなって、肌トラブルはすっかりなくなりました。
ちょっとしたすり傷や虫刺されには、タマヌオイルをつけておく。
もう、常備薬のように、ないと不安になります。
大切なのは、オーガニックで、きちんと管理されたものを選ぶこと。
自分が好きなオイルを1本見つけると、楽しいですよ。

白城さんのおすすめのオイルを最後にご紹介していただきました。

関連記事

health

2017.11.24

加熱OKなオメガ3オイル!カメリナオイルのパワー vol,1

血管を柔らかくし、血液循環を良くする働きがあることから、多くのスポーツ選手が積極的に摂り入れはじめているオメガ3系のカメリナオイル。 ウェルネスオイル先進国でもあるオーストリアでのカメリナオイルの魅力や食生活への摂り入れ方をご紹介します。 ※厳密にはオメガ9系に分類されますが、オメガ3を高含有しながら加熱できる特性から、ここではオメガ3系としています。  

health

2017.12.8

【NEWS】美容オイルコンシェルジュが太鼓判!注目の食用オイルはコレ

2017//12/6 @DIME(アットダイム)さんで、ヘルシーオイルについての記事が取り上げられ、日本オイル美容協会代表理事であり、美容オイルコンシェルジュのYUKIE(ゆきえ)氏が資料提供をいたしました。 ココナツオイルの大ブームによって注目されるようになった、ヘルシー系の植物オイル。 記事の中では注目のヘルシー系オイルについて紹介されています。

TOPへ