lifestyle

2018.5.20

オイルソムリエ百科★vol.5 前田 成美

全国で活躍するオイルソムリエさんをご紹介するオイルソムリエ百科。
今回は関西で活動する魅力的な前田さんをご紹介します。
前田さんはオイルに魅せられ、なんと搾油のお仕事までスタートするそう。

by 浜出 理加

オイルソムリエ百科★vol.5 前田 成美

【オイルソムリエとの出会いを教えてください】

友人に誘われて受講したオイルのセミナーがきっかけでオイルソムリエという資格を知りました。
それまでテレビ等で紹介されていてたオイルを食事に取り入れたりしいましたが、もう少し深く知りたくなり、ちょうど関西校ができたタイミングで、思い切って資格を取ることにしました。
東京で受けるという選択肢しかなかったら、躊躇してたと思いますが、家を空けることなく通えたというのは、大変助かりました。

資格を取ってからは、効能や用途を考えながら食事にオイルを取り入れたり、肌や髪につけたりするようになりました。
元々自分で化粧品を作るのは好きだったのですが、より理解が深まり自分なりのアレンジを楽しんでいます。

【お勧めの手作りコスメレシピや愛用の食用オイルは?】

一番のお気に入りは、日本酒にドライカモミールを1週間漬け込み、グリセリンカリ液を加えた美白ローションに、アルガンオイルをプラス。
浸透力アップと、アルガンオイルそのものの抗酸化作用も期待できますよ。
クリームは、ミツロウとホホバオイルに、季節に合わせた精油をプラスしています。
フェイス用で使っていましたが、花粉症に悩む友人にお裾分けしたところ、このクリームを鼻の内側にも塗り、長年愛用していた花粉症のお薬と決別できたと嬉しい報告がありました(笑)

食用で一番のお気に入りはMCTオイル(中鎖脂肪酸)です。
ココナッツオイルと違って無味無臭なので、コーヒーやお料理に入れて、脂肪燃焼を狙っております。
またアルガンオイルは、フードプロセッサーで細かく砕いた焼きアーモンド、蜂蜜を混ぜたものを、パンに塗ってるのですが、香ばしさと甘さがマッチしてして、友人にも大好評!
抗酸化作用も期待できて、ダブルでおいしいですね。

【関西初のイベント『オイルと暮らそう』】

実は今回、ノゥスというところで、搾油のお仕事をさせていただく事になりました。
先月、初めて体験し、早速手順を教わりましたが、思ったよりもずっと地道な作業なんですよ。
大量の材料から、ほんの少ししかオイルが出来ないというのがよくわかりました。
よいオイルを提供するために、手間暇かけているのがわかると、少々お値段が高くなるのも納得です。

また現在、初めて関西で開催される「オイルと暮らそう」のイベントの準備中です。
協会代表のトークショー後のワークショップを担当させていただきます。
日焼けした肌の修復クリームを作ります。
関西近郊の方、ぜひ遊びにきてくださいね。

オイルと暮らそう #9イン 関西 ~紫外線とオイル~
2018/06/30 (土) 13:00 – 17:00
ご予約はこちらから→

 

関連記事

beauty

2018.2.23

マカダミアナッツオイルの冒険!Vol.1

一般社団法人日本オイル美容協会代表理事、オイルコンシェルジュのYUKIE氏。 日本のオイル文化の普及に尽力する一方で、「オイル巡業の旅」と称して世界中を飛び回る彼女が今回訪れたのは、太平洋の中央にある8島から成るハワイ諸島。 東端にある最も大きな島が「ビッグ・アイランド」と呼ばれるハワイ島。 メイドインハワイのオイルを探してきてくれました。

TOPへ