lifestyle

2018.6.25

産地や生産者を知るとオイルへの愛情が深まります

サラダとオイルは切っても切れない関係。
アイドグループ「CoCo」の元メンバーで、美養サラダ研究家でタレントの宮前真樹さんに、より美味しい食べ方をうかがいました。
宮前さんは、食育インストラクターなど食に関する資格を多く取得しています。

by 浜出 理加

産地や生産者を知るとオイルへの愛情が深まります

【サラダとオイルが人生を変える】

野菜が大好きで、一食でどんぶり1杯分のサラダを食べます。
味つけは、オイル、塩、ビネガーとシンプル。
食卓には常に4〜5本のオイルが置いてあって、気分や体調に合わせて選んでいます。
今お気に入りのチェントンツェのオリーブオイルをかけるときは、もうそれだけ。
香りを存分に楽しみます。

今でこそ「美養サラダ研究家」を名乗り、健康な食生活を推進していますが、16歳で芸能デビューして引退するまでの15年間は、ひどい食生活でした。
コンビニやファーストフードなど手軽なものを不規則な時間に食べる。
体重は10キロも増え、ダイエットにトライしてはリバウンドを繰り返す日々。
体中には、謎の吹き出物が出ていましたね。

【食を変えると身体も肌も変わる!】

これではいけないと思い、ファスティングをしたのをきっかけに、「食」の勉強を始めました。
野菜とタンパク質中心の食生活に変えてから、みるみる体調がよくなり、悩みの種だった吹き出物もほとんど出なくなりました。

もっと野菜を美味しく食べられる方法を探していたときに、ココナッツオイルブームが到来。
それをキッカケに、いろいろなオイルを試すようになりました。
オメガ3系オイルは、チアシードオイルが好き。
エゴマオイルやアマニオイルのような独特な香りがなく、野菜や魚をマリネしたり、スムージーに入れて食べています。
炒め物や、揚げ物には無香タイプのココナッツオイルを使っています。
抗酸化力が高いので加熱できるからです。

高価なオイルをそろえているというと、驚かれるんです。
でも、いいオイルは体の中をきれいにするもの。
女性なら美容液に数千円かけているでしょう、それと同じ感覚です。

外食が続くと、肌が荒れたり、便秘になったりしますが、オイルを摂ると、体の巡りがよくなるような気がします。おかげで、体調も、肌の調子も、そして体重も今がベストです。

宮前さんのおススメオイルはこちら。

注意;すべて個人の感想になります。

関連記事

TOPへ