lifestyle

2018.9.1

オイルソムリエ百科★vol.11 小池恵

本日ご紹介するオイルソムリエの小池さんは、フランス植物療法普及医学協会認定メディカルフィトテラピスト(植物療法士)で、さらに女性ホルモンバランスプランナー、発酵マイスター、オーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート(栄養アドバイザー)と様々な顔を持つしなやかな女性です。

by 浜出 理加

オイルソムリエ百科★vol.11 小池恵

【植物療法からオイルとの運命の出会い】

小池さんは植物療法士として活動されていますが、そもそもフィトテラピーってなんでしょうか?
フィトテラピーとは植物療法のこと。薬草療法、アロマセラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシー、漢方など植物の生理活性成分を利用した伝統療法が含まれます。

植物療法の勉強中に脂質=油について学んだのですが、油は細胞膜の構成成分であること、ホルモンの材料であることなど、体にとって重要な生理活性があると知って驚きました。
植物から抽出される油についても専門的な知識を深めたいと思っていた矢先、オイルコンシェルジュであり、日本オイル美容協会理事YUKIE代表のラジオオンエアを偶然聞き、もうこれは運命の出会いだと思いました(笑)
今ではすっかりオイルは身近な存在で、脂肪酸のバランスを考え、不足しがちなオメガ3系オイルは納豆や食卓に出したお味噌汁に垂らすなど、発酵食品と組合わせて毎日手軽に摂取するようにしています。

【発酵×オイルはすべての方に実践してほしい】

オイルソムリエになってからは、多くの方に良質で美味しいオイルの素晴らしさと正しい知識を伝えていきたいと思い、自宅でセミナーを不定期開催しています。
特に人気なのは、数種類のオイルをテイスティングするワーク。
オイルについて知識だけでなく、本物を味わっていただくこともできるのでおススメです。

さらに今までの経験を活かし、オイルファーマシーで「発酵×オイル」をテーマに講座開催したのですが、定員を超えるほど多くの方にご参加いただきました。
皆さんの関心の高さを実感しました。
子育て中の方はもちろん、お仕事などで忙しくお料理に時間をかけられない方にも、簡単に身体によいものを取り入れる方法を広めていきたいです。

また、セラピスト向け会報誌にレシピ紹介をする機会を頂き「発酵×オイル×スパイス」のレシピを提供させていただきました。

 

【”身体は食べたものでできている”を実践】

デイリー使いのおススメの美容オイルは、ホホバオイルですね。
以前、脇の下がアトピー性皮膚炎のような状態になってしまったときに使い改善した経験があるんですが、それ以来手放せない大切なオイルになりました。
酸化しにくい特性があるので、インフューズドオイル作りに利用したり、アロマ精油とブレンドしマッサージにも大活躍です。

食用オイルは、米ぬかオイル、カメリナオイル、ブラッククミンシードオイルがオススメ。
米ぬかオイルはクセがなく、どんなお料理でもマッチします。
カメリナオイルは和食とも相性が良く手軽に楽しめ、ブラッククミンシードオイルは味のアクセントとしてスープやスパイス料理に使用しています。

「身体は食べたものでできている」を念頭に、忙しい現代人でも健康をキープしながら年を重ねていけるよう日々研究しています。
家族や自分を大切にする暮らしの方法やセルフメディケーションに役立つ講座をオーダーメイドで行っています。

小池さんの講座情報はHPからチェックしてくださいね。
HPはこちらから→

関連記事

event・lesson

2018.3.29

100歳まで美しく生きる! デリケートゾーンケアについて【女性限定】

日本オイル美容協会が監修するO.I.L.FARMACY(オイルファーマシー)にて、代表理事YUKIE氏による、「デリケートゾーンとオイル」の講座が開催されます。 女性なら絶対知っておいて欲しい、お医者さんにも、家族にも、友達にも、相談できなかったデリケートなお話…是非、この機会に体感してください。

health

2017.12.8

【NEWS】美容オイルコンシェルジュが太鼓判!注目の食用オイルはコレ

2017//12/6 @DIME(アットダイム)さんで、ヘルシーオイルについての記事が取り上げられ、日本オイル美容協会代表理事であり、美容オイルコンシェルジュのYUKIE(ゆきえ)氏が資料提供をいたしました。 ココナツオイルの大ブームによって注目されるようになった、ヘルシー系の植物オイル。 記事の中では注目のヘルシー系オイルについて紹介されています。

TOPへ