lifestyle

2020.2.13

オイルソムリエ百科★vol.14 望月 純子

今回ご紹介するのは、料理研究家として四季のある薬膳を取り入れたレシピ考案や、雑誌・メディアなどのフードコーディネート、料理教室などで活躍中のオイルソムリエJUNKOさんが、さらにスキルアップを目指し「シニアオイルソムリエ」を取得。
食と美容のオイルセミナーも開講し、益々活躍の場を広げているJUNKOさんにお話を伺いました。

by 日本オイル美容協会事務局

オイルソムリエ百科★vol.14 望月 純子

【オイルソムリエに興味をもったきっかけは?】

仕事による不規則な生活から体が不調となり、体が悲鳴を起こしてると思い体質改善を試みました。
その時に「オメガ3系脂肪酸」のことを知りました。それはとても衝撃的なことでした。が脂肪を落としたり、
血流をよくしたりという訳でしたから。早速、亜麻仁油を購入し飲用しました。1日大匙1杯。初日は抵抗なくスッと摂取できたのですが、3日目は体が受け付けてくれませんでした。自分には合わなかったのかと思ったものの、オイルへの強い興味はなくなりませんでした。日々摂っている食べ物が『健康』へ繋がっていることに改めて気づかされたからです。
数年後、オイルソムリエになれたのは必然的に繋がっていたのかもしれません。

【オイルソムリエになり、活動の場は広がりましたか?】

はい。オイルソムリエになってから、幸いにもお会いする人からオイルの話を聴きたいと言われることが多く、
オイル講座が各地で行えたこと、老舗の大手製菓メーカー様からの依頼で新商品企画に携わることができたことは大変貴重な経験でした。
最近では、釣りフェスティバルにおいて、お魚料理を披露するライブキッチンに出演し、
ウェルネスオイルを発信すると、興味を抱かれる方が多くいらっしゃいました。
アウトドア・レジャー面からも健康・美容に関わるオイル文化を普及していけたら嬉しく思います。

さらに上の資格、シニアオイルソムリエを目指したきっかけは?】

一般の方向けにオイル講座を以前より開催していましたが、より深く学びたい方もいらっしゃることから体形的に学べる講座も必要だと思い、昨年に資格取得し、この度第1号が誕生致しました!

【今後の目標と、活動のお知らせがあれば教えてください。】

海外からヘルシーフードとして注目される和食は、季節に応じて旬の食材を摂ることや食材の組み合わせなど一つひとつに意味があります。その伝統的な食べ方に現代に必要な栄養学を合わせた「手軽に美味しい」料理を提案していけたらと思い『寧月(しずく)』という食ブランドを立ち上げました。近年、日本で消費が減少されてる魚を活性化できるようお魚料理をもっと紹介していきたいと思っています。また愛してやまないチョコレートで、ローチョコ・レッスンをO.I.L FARMACY定期開催させて頂いております。ALL NATURALのローチョコスイーツをぜひ体感しに来てみてください。
 

関連記事

TOPへ