recipe

2017.11.10

【wellness recipe】鯛とホタテのブラックカルパッチョ

バルサミコ酢とパンプキンシードのブラックソースが洗練された大人の香り。
素材を楽しめる、スマートレシピです。

オイルソムリエで、料理研究家の望月純子先生のレシピをご紹介しています。

by 浜出 理加

【wellness recipe】鯛とホタテのブラックカルパッチョ

【妊娠線の予防、アンチエイジングにもパンプキンシードオイル】

ハロウィンで使われる大きなカボチャ「ペポカボチャ」の種子からできるオイルです。
種子にはたんぱく質、豊富なビタミン・ミネラル・植物ステロールなどの栄養素がたっぷり。
濃厚な暗緑色で甘く香ばしい香りで、サラダやスープにかけるとコクが出ます。

含有するγ-トコフェロールやリグナン類により、泌尿器系のトラブルや前立腺機能のサポートも期待。
ビューティーオイルとしては、ストレッチマークの軽減、予防、抗酸化作用によりエイジングも期待されます。

(注意)パンプキンシードオイルはオメガ6系のオイルですので、摂取量に注意するようにしましょう。

【材料】2人分

● 鯛の切り身(白身魚) 100g
● ホタテ貝柱(生食用) 3個
● 紫玉ねぎ 1/4 個
● ラディッシュ 2個
● ケッパー 適量

<ブラックソース>
● バルサミコ酢 大さじ1
● 薄口しょうゆ 小さじ1
● パンプキンシードオイル 大さじ2
● タイム 1 本
● ピンクペッパー(こしょう)適量

【作り方】

1 バルサミコ酢、薄口しょうゆを混ぜてなじませてからパンプキンシードオイルを加えてよく混ぜる。
2 ホタテは2枚にスライスする。紫玉ねぎ、ラディッシュは薄切りにする。
3 鯛の切り身に軽く塩(分量外)をふり、フライパンにいれて大さじ1杯の水(分量外)を加える。
フタをして全体が白くなるまで1分ほど蒸し焼きにする。温かいうちに1のブラックソースを半量かけて、身をほぐし ながら混ぜる。
4 お皿に3のほぐし身とホタテを盛り付けて残りのソースをかける。
5 薄切りにした紫玉ねぎとラディッシュ、ケッパーを散らしたら仕上げにタイムとピンクペッパーをのせる。

関連記事

recipe

2017.10.20

【wellness recipe】香味野菜と牛肉のアジアンライス

秋から冬にかけて旬な野菜とオイルを使った簡単レシピをご紹介します。 ナス(7~9月)・セロリ(11~5月)・みょうが(6~10月)と、ネギやニラのような香りが特徴 のカメリナオイルで、アジアン料理に挑戦しましょう! 「地と手」代表、オイリスト 地曳直子(じびき なおこ)先生のレシピをご紹介しています。

lifestyle

2018.1.29

いつも若々しく過ごせるのはオイルのおかげです

ホールフード食品の先駆者、アンチエイジングの専門家である、オーガスト・ハーゲスハイマーさんにその若々しさの秘訣を聞きました。 アメリカで医学を学んだ後、食や栄養を通して「病気になる前にできること」を研究し、株式会社アビオスを設 立。50代半ばとは思えないその若々しさの秘密は、どうやらオイルにありそう…。

TOPへ