recipe

2018.3.15

バナナとマカダミアナッツのソフトクッキー

ほんのり甘く、香ばしい風味のマカダミアナッツオイル。
デザートオイルとして、スイーツに使ってみました。
予約が取れないほど人気のオーガニック料理教室「白崎茶会」主宰で料理研究の白崎裕子さんのレシピをご紹介します。

by 浜出 理加

バナナとマカダミアナッツのソフトクッキー

【ほろっと口の中でほどけるソフトなクッキーです。】

「マカダミアナッツオイルって、印象的な風味があって、とってもおいしい。
日常使いするには高価なのですが、少し混ぜるだけで、いつものおやつの味わいをぐっと深めてくれるんです」

たとえば、豆乳アイスクリーム、さっぱりとしたヨーグルト。
「かけるだけでいいんです。ぴったり合うと思うのは、くず粉と豆乳のパンナコッタかしら」

おいしいオイルに出合うとレシピが次々と浮かんできて楽しいという白崎さんに、今回、ラブリーなおやつを2点作ってもらいました。
白崎さんのおやつレシピはすべてオーガニック食材を使います。
小麦粉の代わりに大豆粉や米粉。
卵、バターなどの乳製品の代わりに、豆腐や豆乳、そして、良質な植物オイルを使います。
「グルテンフリーのクッキーを作るのは難しいのですが、バナナの粘度を利用して、ふんわり仕上げてみました」

【材料】

A
大豆粉…50g
コーンスターチ(くず粉でもよい)…25g
ベーキングパウダー…小匙1
重曹…ふたつまみ

バナナ(固め)…½本(50g)
レモン汁…小匙1
てんさい糖(粉末タイプ)…30g
海塩…ひとつまみ
マカダミアナッツオイル…40g
マカダミアナッツ…50g

【作り方】

①(A)を小さめのボウルに入れ、泡だて器で混ぜておく。
② 別のボウルにレモン汁とバナナを入れる。フォークでバナナをつぶし、ぬめりが出るまでよく混ぜる。


③ 2 にてんさい糖と海塩を加え、てんさい糖が溶けるまで泡だて器で混ぜ、マカダミアナッツオイルも加え、泡だて器でよく混ぜて乳化させる。全体が白っぽくトロっとするのが乳化の目安。
④  3 に1 を加え、ヘラでよく混ぜる。
⑤ 6つに分割してクッキングシートを敷いた天板に乗せる。丸く、平たくなるように、手で軽く丸めてつぶし、その上にマカダミアナッツを乗せる。


⑥ 160度に温めておいたオーブンで15分ほど焼いて完成。

関連記事

health

2017.11.24

加熱OKなオメガ3オイル!カメリナオイルのパワー vol,1

血管を柔らかくし、血液循環を良くする働きがあることから、多くのスポーツ選手が積極的に摂り入れはじめているオメガ3系のカメリナオイル。 ウェルネスオイル先進国でもあるオーストリアでのカメリナオイルの魅力や食生活への摂り入れ方をご紹介します。 ※厳密にはオメガ9系に分類されますが、オメガ3を高含有しながら加熱できる特性から、ここではオメガ3系としています。  

TOPへ