recipe

2018.8.14

フレーバーオイルという贅沢調味料

毎日のお料理に必ずと言っていいほど使うオイル。
そのほとんどが炒め物で加熱調理での使用だと思います。
夏休みにお出かけの予定がないときは、お家でゆったりフレーバーオイルづくりはいかがですか。
ひとかけするだけ、あえるだけで、いつもの1品が贅沢に生まれ変わります。

by 浜出 理加

フレーバーオイルという贅沢調味料

【毎日が楽しくなるフレーバーオイルって?】

フレーバーオイルとは、食用の植物油にハーブやスパイス類を漬け込んで、風味を移したものをいいます。
お料理に少しだけハーブの風味をプラスしたり、奥行きを出したいときにとっても役立ちます。
組合せは自由!
イマジネーションをフル回転させて、ぜひいろいろな組み合わせをトライしてみて。
毎日の調理で、魚や肉、野菜のソテーに使ったり、パスタの仕上げにもどうぞ。

今日のレシピは、漬け込むだけのフレーバーオイルをちょっとアレンジして、調味料としても重宝するオイルを作りましょう!
オリーブオイルは必ずエクストラヴァージンオイルを使ってね。

 

【定番の唐辛子オイルはパスタやピザに】

<作りやすい分量>
●にんにく 1/2片
●赤唐辛子 4本
●オリーブオイル  100g

〔作り方〕
①唐辛子は種を除き輪切りします。
②鍋にすべての材料を入れ、にんにくがきつね色になるまでじっくり加熱します。
③そのまま冷まし、瓶に入れて保存します。
辛いのが苦手な方は、輪切りせずにそのままで試してみてください。

【和風オリーブオイルはお豆腐や納豆にも】

<作りやすい分量>
(A)
●フライドオニオン 20g
●鰹節 3g
●ちりめんじゃこ 大さじ2
●山椒 少々
●白いりごま 大さじ1
●醤油 大さじ1

(B)オリーブオイル 100g

〔作り方〕
①深めの耐熱ボウルにAを入れ、よく混ぜます。
②鍋にオリーブオイルを180℃に温め、①の材料にかけます。
③すべての材料をよく混ぜ、冷めたら瓶に入れて保存します。

 

関連記事

記事が見つかりませんでした。

TOPへ